大規模システムへの対応
電子帳票

大規模システムへの対応

 

電子帳票システム(FiBridgeⅡ)のページに戻る

『FiBridgeII』が大規模システムに対応している理由

  • ネットワークファイル共有型ではなくクライアント/サーバー型のためネットワーク負荷がかからないので他のネットワーク業務にも支障がありません。
  • 同時接続に強く最少のシステム構成で済むためサーバー管理者の削減が可能です。
  • サーバーによるデータの一元管理でセキュリティ機能も充実しています。
  • 充実した管理機能があります。
  • WAN環境やNTサーバー、モデム接続、CD-R渡しによるアクセスも可能であるため、
  • あらゆる環境(大・中・小規模ネットワーク環境およびスタンドアロン型)に柔軟に対応します。

FiBridgeII(クライアント/サーバー型)で50台同時接続を実現した場合の構成例

FiBridgeIIなら50台同時接続でも1台のサーバーで賄えるので、ネットワーク構成が非常に簡単です。

FiBridgeII(クライアント/サーバー型)で50台同時接続を実現した場合の構成例

電子帳票システム(FiBridgeⅡ)のページに戻る

イベント・セミナー