現状のマルウェア対策の課題

1位のランサムウェアによる被害は、2年連続1位となっており、脅威もますます増加傾向にあります。
また4位にありますテレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃も引き続き発生しており、 エンドポイントセキュリティの重要性が高まっております。

ss-top
yarai0051
yarai009
yarai007
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow

上記マルウェア対策の課題を解決するのが
FFRI yaraiです

 

FFRI yarai の概要・特徴

3つの特徴

未知ウイルス
脅威対策

基本的な研究や開発で培われた先読み技術で防御

純国産
セキュリティ製品

中央省庁金融機関等で導入実績が豊富な純国産セキュリティ製品

日本国内の
開発・サポート

開発・サポート拠点が日本国内にあり迅速な対応が可能

5つの振る舞い検知エンジン

洗練された5つの防除エンジンが攻撃フローを広範囲に捕捉し、静的解析/動的解析によるエンドポイント多層防御を実現

検体自動判定システム

FFRIセキュリティの脅威インテリジェンスとFFRI yaraiが連携 FFRI AMCから脅威情報データベースに対し自動で検体判定を実施

エンドポイントでハイブリッド防御を実現

エンドポイントで「ハイブリット防御」

従来型ウイルス対策ソフトとFFRI yaraiを使って防御範囲を拡大ハイブリッド防御でマルウェアを検知/防御

Microsoft Defender(Windows Defender)連携機能

高い検知実績のあるMicrosoft Defender(Windows Defender)との連携機能を強化
FFRI AMCよりMicrosoft Defender(Windows Defender)の動作状況の確認、スキャン・例外リストの配布シグネクチャ更新を実施可能

一般的なウイルス対策ソフトをOS標準のMicrosoft Defender(Windows Defender)に置き換えることでコスト削減

未知脅威対策に特化したFFRI yaraiとの組み合わせによってセキュリティを強化

標準提供されていないMicrosoft Defender(Windows Defender)の管理機能をFFIR AMCでカバーすることで管理面も向上

クラウド対応

選択できるFFRI AMC利用形態

FFRI yarai Cloud

FFRIセキュリティがクラウド環境で管理サーバをご提供
管理コンソールのクラウド化でサーバ導入/運用管理を省力化

 

EDR(Endpoint Detection and Response)機能

2つのEDR機能 ~1~

運用上求められるEDRを標準搭載(追加費用不要)
「脅威検索」「駆逐」「端末隔離」というシンプルな機能に特化
専門知識を持った人材が不在でも運用可能

2つのEDR機能 ~2~

STIX/TAXII(Ver1.X)形式の脅威情報取り込み機能を搭載し、脅威情報の取り込み→検索→駆逐を自動化して運用負荷を軽減

FFRI yarai の防御実績(未知マルウェア)

防御実績一覧

最新はメーカーのホームページをご参照:https://www.ffri.jp/products/yarai/defense_achievements.htm

FFRI yarai の導入事例

導入事例

アカデミック・ライセンス実績は、FFRIセキュリティのウェブサイトで多数公開中
https://www.ffri.jp/products/yarai/example.htm

最新はメーカーのホームページをご参照:https://www.ffri.jp/products/yarai/example.htm

FFRI yarai のシステム構成・稼働環境

動作環境

最新はメーカーのホームページをご参照:https://www.ffri.jp/products/yarai/requirement.htm

FFRI yarai の価格

※1 年更新のサブスクリプションライセンスとなります
※2 2年目以降も同じライセンス価格となります

お気軽にご相談下さい

TOP